育児休業復職者研修(金融業)

◆研修実施の経緯

昔から復職前の研修はありましたが、復職への不安払しょくなどがメインの研修でした。復職後の就業継続のために育児支援制度を充実させてきたことにより出産で辞める社員はほぼいなくなりましたが、制度に甘んじて仕事への意識が高まらない社員が増加していました。約10年前より女性の採用を増やしてきたこともあり育児休業や短時間勤務の割合が高まり、規模の小さな拠点では育児休業や短時間勤務の社員が複数いることによって周囲の負担が増加し、徐々に拠点運営が厳しくなってきました。
そこで、復職してから半年程度が経過し、両立の悩みや不安を抱えがちな社員を対象に研修を実施することにしました。研修では、復職後も活躍していくことが求められるというメッセージを伝えるとともに、両立の心構えや工夫、悩みの解決、今後のキャリアを考えるということをテーマとしました。

◆研修実施後の変化

復職後半年程度経過して様々な悩みを抱える時期であり、参加者同士での情報交換は有効であったようで、「悩むのはみんな同じだということが分かって安心した。研修で学んだことを実践して職場で必要とされるような人材になりたい」という声が多く聞かれました。中には、早く短時間勤務からフルタイムに戻し、キャリアアップしていきたいという方もいました。この研修を始めてから数年経過しましたが、両立者の意識が高まってきたこともあり、ロールモデルといえる社員も複数出てきました。

◆受講者の反応

・育児を言い訳にしてはいけない、育児をしながらも自己成長するための努力をしなければならないということに気づきました。

・家事や育児を一人で抱え込まずにパートナーや様々なサービスを活用し、早くフルタイムに戻せるようにしたいと思いました。

。自分だけが悩んでいる訳ではないことが分かって安心しました。また、悩みを解決するヒントが得られて参考になりました。

・育児をしていると「今」の事しか考えられないが中長期的な自分のキャリアを考える機会になりました。

・仕事で「迷惑にならないように」心がけていましたが今後は「応援してもらえる」ように心がけたいと思いました。