営業職向けDiSC研修

☑研修実施の背景

弊社に関わらず、携帯電話業界全体の離職率が高い業界の上、近年の売り手市場では、人材の確保が難しく、退職者を多く出してしまうと店舗運営に関わる事態を招いてしまうことに危機感を感じ、昨年、会社の方針として離職率を低減させる取り組みの検討を命じられたのがきっかけでした。
退職者を減らす目的として、DiSCを階層別のように部分導入しても効果が薄まることが想定できましたので、全社員にアセスメントを実施し、お互いの行動スタイルを知ることで、離職者対策が早く進むと思い実施しました。
また、営業や販売という現場でもDiSCを活用することでお客様ひとりひとりに合った応対が実践できるということで、売上UPにもつなげられる点も大きな導入の要因です。

☑研修実施の効果

■管理職
部下に指導や業務指示をする際、今までイライラしていた部分が軽減されたようです。特に、自分が無意識に行っていた行為が、部下に対してストレスを与えていたことに気が付き、相手のDiSCスタイルに合わせて伝えることでコミュニケーションが良くなりました。

■現場スタッフ
まだ、具体的な効果は見えませんが、お互いのレポートを見ながら互いの行動スタイルを確認しあい理解を深めることで「DiSCを共通言語」として機能しています。
また、販売現場ではお客様に合った接客応対を実施すための大きな助けとなっています。

■新入社員
先輩との関係で悩むことが多い新入社員ですが、相談などが来た際にはDiSCの行動スタイルシートを使って『このスタイルはどんな行動をするのかな~』と話をすることで、冷たく言われていたと感じていたことや、いじめられているのではと言った、意識を払しょくさせ、逆に的確に指導されていると本人も前向きになり店舗で元気に頑張っています。

☑ DiSCを使用するメリット

DiSCの良い所は、行動スタイルの分類が明確で、各スタイルの行動理解が簡単で、誰でも短時間で基本理論を理解できるところです。また、DiSCを受けていない人の行動スタイルも読めるようなり、社内だけではなく、お客様など対外的な営業/販売現場でも活用できるところです。

☑ 研修実施後の感想

今回の研修で一番効果的だったのは、管理職層です。主観的に自分が正しいと思っていたことが、相手によっては良くも悪くも大きな影響を与えていることに気が付いたことです。また、部下の行動スタイルを知ることで、自分がどのように接していけば良いのかを理解できたことで今後のマネジメントに大きな効果があると感じます。
「具体的な内容/職場で活用できる内容」なのが非常に良かったです。

☑ キャリアネットワークに依頼した決め手

今回、キャリアネットワークさんにお願いをした決め手は、講師が「現場を熟知している」という点です。DiSCの一般論で終わる中身だけでしたら採用をしませんでしたが、今回は、一般論から、我々の業界に置き替えて話しをしていただくことができるとの事でしたので、社員が『どこの場面で、どのようにすれば・・・』と言った現場に即した具体的な話を交えながら研修を実施して頂けると感じたからです。より具体的でより実践的な内容であればイメージができ、理解度も高まると考え、依頼をさせていただきました。