働き方改革研修(メーカー)

◆ 研修実施の背景
会社方針として残業削減を行ってきましたが、実際には自宅に持ち帰り仕事をしている、お客様対応が遅れがちになるなどの問題が起こっていました。このままでは生産性の向上につながらないため、本当の意味での働き方改革を実施することが必要でした。
特に、管理職の意識の問題なのか、方法論がわからないのかわかりませんが、部下に「早く帰るように」「残業をしてはいけません」と言うだけで、仕事の仕方は代わっていませんでした。これでは生産性向上にはつながらないので、管理職に対して、成果につながる業務とつながらない業務を整理してもらうことにしました。

◆参加者の感想
・そもそも、働き方改革とは、残業削減やモバイルワークなどの柔軟な働き方だけではなく、「成果や業績向上の手段」であることを知ったことで有意義な1日になった。短時間で成果を上げる事こそが働き方改革であることが分かった。

・働き方改革もダイバーシティ(女性活躍)も目的と手段が逆転しやすいテーマであることが良く分かった。ノー残業デーやフレックス制、テレワークなどが流行りのように語られるが、それらは手段であり、目的は生産性を上げて短時間で成果を創出することであることが分かり、やっと腹に落ちた。

・改めて、時代が変わり世代が変わり会社が変わり始めている状況を認識しました。これまで長時間労働を前提とする働き方を続けてきたが、今の時代に合わない働き方であることが良く分かった。少なくとも、これまでの昭和のマネジメントはそろそろ終わりにしないといけないことを実感した。